インプラント治療の流れ

インプラント治療には、いくつかの方法があります。その中でも代表的な方法とされる2回法を例に、インプラント治療の流れをご紹介します。

【1】カウンセリング
インプラント治療についての詳しい説明を行います。患者さまのお話もしっかりとお聞きし、不安や疑問を解消します。
次へ
【2】精密検査・診断
レントゲン撮影、CT撮影、歯周病検査、噛み合わせの検査、あごの骨の検査などを行い、口腔内の状態を正確に把握します。
次へ
【3】治療計画の立案
精密検査の結果に基づいて、治療計画を立案。治療にかかる期間や費用、リスク、治療後の保証についてご説明します。
次へ
【4】インプラント埋入手術
外科手術を行い、あごの骨にインプラントを埋め込みます。1時間程度で終わります。
次へ
【5】治癒期間
インプラント体とあごの骨が結合するのに必要な期間です。部位によって違いますが、通常は3~6か月程度です。
次へ
【6】アバットメント装着手術
外科手術を行い、インプラント体と義歯をつなぐアバットメントと呼ばれる部品を装着します。当日は仮歯を装着して帰ることができます。
次へ
【7】義歯の作成
手術跡がふさがるまでの期間を使い、最終的にインプラント体に取り付けるための義歯を作成します。
次へ
【8】人工歯の装着
義歯をインプラントに取り付けます。
次へ
【9】定期メンテナンス
治療終了後は3~6か月に1回の定期メンテナンスが必要です。メンテナンスでは噛み合わせの調整やクリーニング、毎日のケアのためのブラッシング指導を行います。

まずは、お悩みをご相談ください

「入れ歯の調子がよくない」「歯ぐきの腫れや口臭が気になっている」など、お口の悩みはありませんか?治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。