上顎前歯部の角化歯肉が少ないケースの症例

【術前】
症例症例

交通外傷後の補綴をインプラントで希望し来院されました。抜歯後にCGFを用い、ソケットプリザベーションを行いました。

【術中】
症例症例

外傷もあり角化歯肉の減少を認めるため、ミニフラップを埋入し、角化歯肉の温存を図りました。テンポラリーアバットメントにレジンをコーティングすることで後の調整がスムーズになります。

【術後】
症例症例

上部構造を入れて完成です。(下図はレントゲン写真での術前術後)

症例次へ症例

インプラントについて 詳細はこちら

まずは、お悩みをご相談ください

「入れ歯の調子がよくない」「歯ぐきの腫れや口臭が気になっている」など、お口の悩みはありませんか?治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。