下顎臼歯部に離底型ポンティックにした症例

【術前】
症例
右下の噛み合わせの異常を感じて来院されました。

症例【術後】
頬小帯が高位にあり、清掃性が悪く歯を失った可能性があります。
可動粘膜が高位に来ているため、小帯切除術の提案もしましたが、患者さまが望まれず、また下顎臼歯部であり審美領域でもないためポンティックを離底型にし、かみ合わせの改善も行いました。

この症例を担当(サポート)したスタッフはこちら
 

まずは、お悩みをご相談ください

「入れ歯の調子がよくない」「歯ぐきの腫れや口臭が気になっている」など、お口の悩みはありませんか?治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。