抜歯後、テルダーミスによる歯肉再生誘導法を行った症例

【術前】
症例症例
抜歯後に、歯肉再生誘導法を行いました。
遊離歯肉移植よりも負担の少ないテルダーミスを使用しました。

【術後】
症例症例症例
術後の1週間後に、コーパック除去と半抜糸を行いました。
2週間後をめどに全抜糸を行い、シリコーンをはがします。
その結果、角化歯肉獲得ができました。

この症例を担当(サポート)したスタッフはこちら
 

まずは、お悩みをご相談ください

「入れ歯の調子がよくない」「歯ぐきの腫れや口臭が気になっている」など、お口の悩みはありませんか?治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。