口腔外科の立場から、全身医療の一翼を担う

院長あいさつ私にとってのもうひとつの転機は、大学卒業間近にありました。医師をしている親戚から、「どうして歯科医師は大学病院で勤務をしないのか」という疑問を投げかけられたのです。

眼科医も皮膚科医も、大学病院に勤務することで、街の開業医では得られないさまざまな経験を積むことができます。歯科医師であっても、同じ医療従事者としてそういう貴重な経験を積みたいと思った私は、神戸大学医学部の口腔外科学講座に入局しました。

口腔外科学の歯科医師として神戸大学付属病院のICUにも勤務し、医学部麻酔科でも勉強させてもらいました。そして改めて、歯科医療であっても口腔外科であっても、すべて全身医療の中のひとつなんだという思いを強くしたのです。

その後、当時、神戸大学口腔外科助教授だった寺延先生の指導のもと、神戸製鋼所でインプラント材料となるHAPの開発に対し、共同研究させていただきました。

たった1本の歯であっても、体を構成するパーツのひとつです。歯以外の部分をまったく無視して治療することはできません。全身の健康状態まで視野に入れなければ、本当の意味で患者さまにとっての最善の治療は行えないと痛感したのです。

まずは、お悩みをご相談ください

「入れ歯の調子がよくない」「歯ぐきの腫れや口臭が気になっている」など、お口の悩みはありませんか?治療に関する疑問・不安、治療内容について、まずはお気軽にご相談ください。