«  2020年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2020年6月 8日

加古川の歯医者ないとう歯科クリニックの衛生士です。
今回は前歯1本のインプラントについてお話します。
前歯を失う理由は虫歯や歯周病よりも外傷が多く、そのため年齢も若い方が多いようにおもいます。その場合インプラントが長持ちすることはもちろん、審美性(見た目)もとても大切になります。
当医院では前歯1本欠損の場合、使用するインプラントはノーベルバイオケア社のノーベルアクティブを使用しています。
このインプラントは高い初期固定と優れた審美性を実現する独自のインプラント・デザインになっています。

ノーベル.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

埋め込んだ時に骨とインプラント体が強固に固定されるため、埋入後初期固定が得られれば即時に仮歯を入れることが可能となります。歯肉と親和性が高いことから、前歯のように歯茎下がりを極力防ぎたい、審美性が重要なケースにおいて、大変適したインプラントとなっています。

それにガイドを使用すれば安心安全に時間も早く行うことができます。
上部構造は当医院では全員にセラミックを使用しています。セラミックはプラークもつきにくく透明感もあり天然歯に近づけることができます!!
ただ噛めるようになるだけでなく、どれだけ元の状態に近づけれるか、それもとても大切なことだと思います。
インプラントもインプラント技術も日々進化しています。インプラントに対して気になることがあればなんでも加古川の歯医者ないとう歯科クリニックスタッフにお聞きくださいね

« 2020年5月 | メイン | 2020年7月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック 理事長/院長 内藤 勲

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック
http://www.naito-dc.com/
理事長/院長 内藤 勲

院長メッセージ