«  2019年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年6月11日

2019年欧州歯内療法学会(ESE)が「深在性う蝕と露髄の術策に関する方針」として声明書を発表したとの情報を学会誌で確認したため、6月9日大阪にて、徳島大学大学院医歯薬学研究部、歯科保存学分野の中西正先生の講演会で、ESEの最新の考えを再確認してきました。歯髄保存療法の考えとして、う蝕除去に際し、露髄する可能性がある場合の選択肢として、1.通接露髄、2.暫間的関節露髄、3.う蝕一部除去がある。確実な診査可能な限り正確な臨床診断、適切な治療方針の基、基本に忠実な手技にて治療を行うことを前提として、暫間的関節露髄を中心に考えるのがリーズナブルであり、治療の内容を十分に説明してから実際の処置に臨むのが重要であるという内容であった。
感染根管における象牙細管への根管内細菌侵入に関する研究においては、根管拡大だけで象牙細管深部に侵入した細菌を完全に除去することは、実質的に不可能であるとの事であった。従って、臨床的見地から、細管深部に存在する細菌(E.taecalis)に対しては、微小部位に封じ込め、栄養源を枯渇させて感染源を断つとする(entombment)ことに期待する事となるといった内容であった。明日からの臨床に大いに活躍できる内容であり、有意義な時間であった。IMG_2204.JPGIMG_2203.JPG

« 2019年4月 | メイン | 2019年11月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック 理事長/院長 内藤 勲

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック
http://www.naito-dc.com/
理事長/院長 内藤 勲

院長メッセージ