«  2021年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2021年2月10日

皆さまこんにちは!
現在育休、子育て奮闘中の歯科衛生士Mが本日のブログ担当です(^^♪

歯医者というと「虫歯」「歯槽膿漏」「入れ歯」「インプラント」などだけのお悩みだけだと思っていませんか?

そのような悩みだけではなく、私たち ないとう歯科クリニックには
「顎関節症」「口臭」「舌」「口腔乾燥」など様々なお悩みにお答えしています。

今回は実体験を基に妊娠期のお口の中について綴ります。

今はあまり聞かれないかもしれませんが
昔は「一子得ると一歯失う」といわれた時代があったそうです。
現に妊娠するとホルモンのバランスが妊娠前と変化し、妊娠性の歯肉炎や歯槽膿漏、虫歯になりやすくなるといった方もおられます。(個人差があります)
ですが、適切なケアをすることで予防をすることももちろん可能なのです。

 まず私が感じた妊娠期の変化として...

① 口がネバネバ・乾燥
私はこれに一番悩まされました!
お口の中がカラッカラなんです!呂律がまわらずしゃべりにくかった...
これは、ホルモンのバランスの変化により、唾液量の分泌低下やそれに伴い口腔内が酸系になるからです。

② 歯肉の腫れ・出血
妊娠により女性ホルモンが急激に増加→唾液の変化→歯周病原菌の発生、増殖→口腔内の自浄性の低下→歯肉の炎症や出血が起こります。
そしていわゆる悪阻により食生活の変化、生活の変化などが大きく関わってきます。

これら以外にも人によっては歯や歯肉に痛みがある、冷たいものや熱いものがしみるなどいろんな症状が出てきます。
ホルモンの変化によるものだから何も対策はないのか?というと
そうではありません!

★歯ブラシが困難なのであれば
ヘッド(歯ブラシの頭の部分)がコンパクトなものを選ぶ
   →当院では【マキシマ】がおすすめ!

★時間がかかるとつらい
 効率よく磨くことのできる音波ブラシ
   →当院では【ソニッケアー】がおすすめ!

★ハミガキ剤の香料や味が気持ち悪い
 香料や味の強いものは避けましょう。
   →当院では歯磨剤【ジェルコートF】フッ素配合
        洗口剤【コンクールF】がおすすめ!

妊娠中のお母さんのお口の環境は胎児にも影響するようです。
些細な変化でも不安になったりしますよね‥
しかし、問題には必ず解決策があります!

些細な事でも何か心配なことがありましたら
ぜひ 加古川のないとう歯科クリニックへご相談ください^^

« 2021年1月 | メイン | 2021年3月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック 理事長/院長 内藤 勲

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック
http://www.naito-dc.com/
理事長/院長 内藤 勲

院長メッセージ