«  2024年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 気になる口臭は歯周病のサイン? | メイン

2024年5月 1日

こんにちは。
加古川市の歯科医院、ないとう歯科クリニックのスタッフです。

歯医者と聞くと痛いのでは?と感じる方もいるのではないでしょうか。
当院では、患者さまの負担をできるだけ少なくできるように、痛みを軽減した治療を心掛けています。

そこで今回は、痛みを軽減した治療についてお話させていただきます。


【麻酔の時の痛みを軽減する方法】

麻酔は、むし歯や歯ぐきの治療をする際に痛みが出ないようにする方法ですが、この麻酔自体が苦手な方もいると思います。

当院では麻酔の際の痛みを軽減できる取り組みを行っています。

表面麻酔
麻酔の針の痛みをできるだけ軽減できるように、麻酔をする前に表面麻酔のジェルを塗布して麻酔をする前に麻酔針の痛みが出にくい工夫をしています。

痛みが出ないように注入速度をコントロール
麻酔をする際に、注入する速度が速いと痛みが出てしまうことがあります。そのため、麻酔液を注入する際が適切な速度を心がけ、痛みが出にくい工夫をしています。

細い注射針
注射の針にはいくつか種類があり、細ければ細いほど痛みが出にくいといわれています。
当院では患者さまの痛みを軽減するために、極細の注射針を使用して痛みを軽減しています。

体温に近い温度にする
人の体温は36~37度程度ですが、この温度より極端に麻酔液が低かったり、高かったりすると痛みが感じやすくなるため、体温に近い温度にすることが大切です。
そのため、カートリッジウォーマーを使用して、麻酔液を37度前後に保つことですぐに麻酔ができるように取り組んでいます。


麻酔が苦手な方もいらっしゃると思いますが、【ないとう歯科クリニック】ではできる限り麻酔の痛みを軽減できるよう取り組んでいます。

痛みに対して不安がある方はあらかじめご相談いただくと、患者さまのペースに配慮しながら治療ができますので、お気軽にご相談ください。

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック 理事長/院長 髙橋 夏輝

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック
http://www.naito-dc.com/
院長 髙橋 夏輝

院長メッセージ

医療を通して患者様の笑顔に貢献できるように日々研鑽しております。 どんな些細なことでも構いませんので是非お気軽にお越しください。