«  2020年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« GBRについて | メイン | メタルフリーキャンペーン »

2020年10月10日

皆さま、ご無沙汰しております。
加古川市の歯医者 ないとう歯科クリニック スタッフ
現在 育休でお暇を頂いております 歯科衛生士のⅯです。

不安を抱える日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
落ち着いた日々を取り戻せれた暁には、家族や友人などとでかけたり、
お食事したり...笑顔でお会いしたいですよね(^^♪


今回のブログは「2020年1月13日」投稿の『様々なお悩み』の続編です。

前回の内容は、この数年でもインプラント治療は発展、発達し
より低侵襲になった。という内容でした。

ほんの数年前までは、CTを撮影し、歯科医師のみでプランニングをし、インプラント処置部分を大きく切開し、術後はある程度の痛みや腫れはあたりまえ...
などという時代もありました。(いや、むしろまだそういう治療なんだと思っておられる方も多いでしょう)

 私自身が、もし歯を失った場合、施してもらいたい治療は インプラント一択です。ですが、条件があります。それは 【ワンガイド】によるインプラントです。
この【ワンガイド】とは歯科用CTで撮影したデータをシュミレーションソフトを使い様々な角度や咬合などから 『ココだ!!』というところに施術するのです。ピンポイントで設計できるので、今までの(大きく切開する)=腫れや出血を最低限に抑えることができるのです!!


 ではここで実例をあげましょう。
対象患者は私の母です。
もちろん許可は取っていますので、実例写真もあわせてお見せします。

左上第一大臼歯、第二大臼歯の欠損です。
① シュミレーションを立てるための資料採得
(CT写真、歯型採り)
② 歯科医師とインプラントセンターの専門員、技工士によるプランニング
 (ゴメンナサイ。ここまではお写真ありません)
ip1.jpg

 これが【ワンガイド】です!

③ 施術

ip4.jpg

歯肉をパンチング(くり抜いた)
出血がほぼないのがわかりますよね?!
そしてフィクスチャー(ネジ)を埋入。
ちなみに母にこの日、痛みとかはどう?ときいたところ
「全然痛くない!むしろ歯を抜いた時の後のほうが痛かったわ。
 あまりにもなんもなさすぎてほんまに入っとるかのほうが心配やわ 笑」
だったそうです。笑

④ 約2~3か月後

ip3.jpg

 歯肉の引き締まりが本当に美しいです!

そして上部構造へ行程を移します...

もちろん!!
【加古川のインプラントでワンガイド】をしている所だったらどこでも良い!というわけではありません。

手前味噌ではありまあせんが、信頼できるDr,頼りになるスタッフがいるところでないと、このような高価な処置は受けたくありません!
その点では、ないとう歯科クリニックのDrやスタッフは安心して任せられる技術と知識があります。
私自身もいったん職を離れ、改めて感じています。

お口は健「口」の入り口です。日々の暮らしを健やかに健康に暮らすためにも
お口は綺麗に、機能的にも高く保ちたいものです。

加古川、高砂、姫路、明石など、近辺で歯にお悩みの抱えてらっしゃる方、
もちろんインプラントだけじゃありません!
お口に関わる悩み、相談など、一度 加古川のないとう歯科クリニックへ
相談されてみてはいかがでしょうか。

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック 理事長/院長 内藤 勲

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック
http://www.naito-dc.com/
理事長/院長 内藤 勲

院長メッセージ