«  2020年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ~新世代矯正治療~ | メイン | 歯髄炎および根尖性歯周炎の病態と臨床の講演会を聴講して »

2019年4月18日

IMG_2143.JPGのサムネール画像平成31年3月24日、咬合違和感について、東京医科歯科大学・口腔顔面痛制御学分野(顎関節治療部)の西山先生の講演を拝聴してきました。
内容は、「咬み合わせがおかしい」「咬む位置が安定しない」といった主訴を持つ患者さんの病態の「咬合違和感」についてでした。
これは、(PBS)あるいは咬合感覚異常症(OD)と同義語で用いられることが多いことから、歯科心身症の一種であると思われがちですが、果たしてそれは正しい認識と言えるのだろうか?といった内容でした。
そもそも「咬合違和感」とは、そのままの意味でとらえると、「上下の歯の接触状態がしっくりしないこと」ということになります。がしかし、このような状況は修復物の調整不足や歯周疾患による歯の移動、顎関節症による痛みなどによって引き起こされる可能性があるようです。また、ブラキシズムによる歯根膜の過敏で生じることも考えられるようです。
講演では「咬合違和感」を訴える患者さんを前にしたとき、まずどのようなことに注目すべきであるかということについて症例を提示し、明日からの診療に活かされる有意義な講演会でした。IMG_2144.JPGのサムネール画像

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック 理事長/院長 内藤 勲

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック
http://www.naito-dc.com/
理事長/院長 内藤 勲

院長メッセージ