«  2021年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 妊娠期のお口の中の変化について | メイン | 歯ぎしり、食いしばりについて »

2021年3月19日

こんにちは。
加古川市の歯科医院、ないとう歯科クリニックのスタッフです。

新型コロナウイルス感染予防で、口腔ケアが注目されています。
口腔内細菌はウイルスの増殖を手伝ってしまい、また口腔内が不潔だと感染症にかかりやすく、肺炎の重症化リスクも高くなります。
そのため、歯磨き・うがい・舌磨きに加えて、ご自宅で手軽にできる感染予防として「3DS」がおすすめです。
3DSとは、デンタルドラッグデリバリーシステムの略で、薬剤をマウスピースに入れて装着するという方法です。
歯磨きなどで除去できない細菌を3DSで殺菌するという考え方です。

【3DSの効果】
・むし歯菌や歯周病菌の殺菌
・全身疾患の原因とされている歯原性菌血症を予防
   口腔内細菌が血管から侵入し全身へ影響を及ぼす
・肺炎の重症化予防

【方法】
① クリーニング(歯垢・歯石の除去)
② 上下の歯型とり
③ 3DSトレー完成時使用方法や注意事項のご説明
④ ご自宅でブラッシング後、3DSトレーにジェルコートFを
  注入し5~15分間装着 (週2~3回の使用)
⑤ 3DSトレーを外し、ブラッシングをしてジェルを取り除く

3DSに入れる薬剤でおすすめなのは「ジェルコートF」です。
ジェルコートFは、むし歯の発生および進行・歯周炎(歯槽膿漏)・歯肉炎の予防、口臭の防止に効果がある歯磨きジェルです。
ジェルコートFに含まれる殺菌成分が原因となる細菌を殺菌し、むし歯・歯周病のリスクを排除します。

3DSトレーの中に入れる薬剤は、例えば知覚過敏が気になる方は知覚過敏予防のジェル、口腔乾燥が気になる方は保湿剤を入れることも可能なので、どれが適しているかはスタッフにご相談ください。
3ds.jpg

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック 理事長/院長 内藤 勲

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック
http://www.naito-dc.com/
理事長/院長 内藤 勲

院長メッセージ