«  2020年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 月初めには保険証を | メイン | 舌圧測定 »

2020年7月31日

こんにちは。加古川の歯医者ないとう歯科クリニックスタッフです。
今日は、再生療法についてお話します。よく、CMなどで''歯周病''という言葉を耳にすると思いますが、どういうものか簡単に言うと、歯を支える骨が溶けてしまい歯を失ってしまう病気です。
再生療法というのは、この歯周病の治療の一つの方法です。
当院は、再生療法では保険適応されている''リグロス''というお薬を使用しています。
どういった薬かというと、ただ骨を作るのではなく歯を支えるのにとって大事な、セメント質・歯根膜の再生をも促進させるという素晴らしいものです。
ただ、歯周病の方全てにこの治療を行うのではなく、この再生療法が適応か検査が必要です。また、いきなり再生療法を行うのではなく、まずはプラークや歯石の除去、歯肉の状態を良くしてから治療に入ります。歯面にプラークや歯石が多く付着していたり、歯ブラシや歯間ブラシ時に出血が多く見られる状態で再生療法を行っても改善があまり見られないことが多いと言われています。また、再生療法を行ってから治療は終わりではなく、その後の定期的なチェックがとても大事です。
歯周病の治療には様々なものがあります。一人一人の患者様に合った治療を選択し、改善し喜んで笑顔で帰っていく患者様を見ることがとても嬉しく思います。
これからも、そのような患者様をたくさん見ることができるよう頑張ります。

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック 理事長/院長 内藤 勲

医療法人内藤会 ないとう歯科クリニック
http://www.naito-dc.com/
理事長/院長 内藤 勲

院長メッセージ